耐震偽造問題、計り知れない住宅戸数に・・

都営住宅当選日記[申し込み・募集・家賃]

都営住宅日記の記事検索
■人気の検索結果
都営住宅,公共住宅,都市公団,公団,UR賃貸,旧公団,公社住宅,住宅供給公社,県営住宅,区営住宅


都営住宅 / 都営住宅 家賃 / 都営住宅 申し込み / 都営住宅当選

耐震偽造問題、計り知れない住宅戸数に・・

やはり日本ERIに問題があった。

イーホームズを告訴するどころか、イーホームズよりも立場があやういのではないか。

日本ERIは建築確認を行う業者で最王手らしい。

最王手が「偽装を見抜けない」んでは困ったもんです。

おそらく「見抜けない」のではなく、「見ようとしなかった」のでは??

見るべき人が見れば、一目瞭然・・・といわれているのだから。

また、施工業者に関しては、非常に重大なニュースが流れています。

http://kyushu.yomiuri.co.jp/news/ne_05113005.htm

今現在、多神教度偽装マンションの施工業者で木村建設のみ取りあげられていますが、
カリスマ的な経営コンサルタント会社の存在が出てきたことにより、
今後、いくつもの施工業者の名前が浮上してくると思われる。

それはなぜか。

木村建設はこの経営コンサルタントから、
利益追求を目標とし、建築コストの圧縮方法を指導されていたらしい。

この建築関係の経営コンサルタントにすれば、
木村建設はただの1クライアントに過ぎないのです。

およそ1000ものクライアント(主に施工業者)があると
報道されている。

1000!?

木村建設と同様な業者が1000??

驚きです。

やはり、先日報道された
「日本中の全住宅の1%にあたる物件が耐震強度を偽装されている物件であると想定される」
「およそ5万戸(被害対象人数約15万人)が耐震強度を偽装されている」
という話は、うそではなかったのか・・・

今現在、耐震強度偽装マンションの数はおよそ40棟。

建築費コスト圧縮カリスマコンサルタント会社に指導を仰いでいる会社数≒1000
1クライアント(施工業者)あたりの平均の耐震強度偽装マンション数≒40
とすると、
1000×40=40,000棟

40000棟ものマンションが偽装され、
今現在人が住んでいる事になってしまう・・・

うちは都営住宅なので問題ないが、
今後の数を考えると最近マンションを買った友人や親戚など
心配になってしまう。

とりあえず、おそるおそる親戚に連絡を取ってみたところ大丈夫でした。

聞いたところで、もし「ビンゴ」だったらどうするつもりだったのか(なんて声をかけていいのか)を考えずに電話をしてしまったが・・・

このところ大きな地震はないが、
東海、関東に大きな地震がくるといわれているこの最中。

国も民間も、倒壊する恐れのあるマンションを放置し、
責任のなすりつけばかりをしていないで
早急な対応をしてもらいたいものです。

耐震強度を偽装されたマンション住民は引越すればいいが、
その近隣の住民はどうなるんだ??
スポンサード リンク

下のボタンで、この記事へ投票お願いしますm(_ _)m


にほんブログ村 住まいブログ 団地・公団住宅へ にほんブログ村 シニア日記ブログ 団塊の世代へ にほんブログ村 シニア日記ブログへ にほんブログ村 住まいブログへ
住まい/団地・公団住宅ブログをさがす
posted by 都住夫 at 2005年12月01日 | Comment(1) | TrackBack(0) | 住まい・住宅・不動産関連 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
トラックバックありがとうございました。

ワタシも建築士をしておりますが、万一検査機関が不可抗力で偽装を見逃してしまったとしても、必ずどこかで引っ掛かるはずなんです。
発注主、現場、職人...誰が見たっておかしいですから。それが全てスルーして販売にまで至っている...つまり全て『グル』でなくては起こり得ないんです。


第一、一瞬図面・概要書を見ただけでもありえない設計とわかりますから。
Posted by keith at 2005年12月01日 18:21
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。